ボクシングの接近戦で効果的なショートパンチの打ち方とポジション

ボクシングでは、まず初めに相手との距離の探り合いをして間合いを取る。

 

つまりお互いのパンチが当たるか当たらないかの距離で戦うことが一般的です。

 

しかし中盤になると接近戦になることもよく試合で見られますね。

 

距離がある間合いで同じ戦い方をしていると不利になります。接近戦での戦い方を学ぶ必要があります。

 

ボクシングにおける接近戦とは

ボクシングにおける接近戦では、基本はファイター系が得意とする戦法です。

パワーに自信があったり、リーチが短く、アウトボクサーと同じ戦い方をしていると不利な場合など、相手の状況によることも多いです。

 

僕も、自分よりリーチが短い相手には基本アウトボクサースタイルを取ることが多いですが、

接近戦も苦手でないため、状況によって接近戦に持ち込む展開もします。

逆に、相手が長身でリーチがある場合は接近戦に持ち込みます。

 

ボクシングの接近戦での戦い方

先ほども解説したとおりに、遠い間合いでの戦い方と同じ戦法をしていると不利になります。

 

接近戦は接近戦の戦い方があるためそれを学ぶ必要があります。

 

では基本的ポイントを解説していきます。

ディフェンスをしっかりと(両手ガード)

接近戦では、相手のパンチをもらう可能性がより上がりますので、両手をしっかりと額の前に置いてガードする必要があります。

 

イメージ的には亀田興毅選手のようなスタイルですね。

 

ガードをしっかりして、重心もいつもよりも落としてどっしりと構える必要があります。

そうしないと、体を浮かされて、バランスを崩された状況でパンチを被弾して即KOされることもよくあります。

接近戦ではアッパーも打ちやすいので、上体を上げられてしまわないように注意が必要です。

相手の正面に立たないようにサイドを取る

接近戦で近距離で攻めると、相手のパンチも同じように被弾してしまい危険です。

その戦い方であれば、パワーやカウンターが上手い方が有利になります。

しかし、そのような不利な条件であっても、サイドのフットワークを取り入れると有利に戦えます。

相手の左に回り込み右ボディや右に回り込み左ボディやフックなど。

 

相手の腕の外側を取ることができれば、相手は攻撃することができないためです。

 

相手もそうサイド取らせないようにしますが、スピードやフットワーク、ウィービングを駆使し相手をかく乱しましょう。

この技術が上手いのがロマチェンコ選手ですね。

一瞬で右サイドに回り、左フックのダブルとか相手に打ち込んでますよね。

その瞬間は相手も自分の外側を取られているため、反撃が出来ない状態です。

ポイントは常に相手の正面に立たないようにすることですね。

接近戦でのパンチの打ち方

中間距離でのパンチの打ち方では、インパクトの瞬間や、回転数の関係などもあり

接近戦でのパンチの打ち方を学ぶ必要があります。

接近戦ではフック系のパンチを多用する場面が多いですが、ストレート系も取り入れて

かく乱させましょう。

ストレート系パンチ

接近戦では左ジャブより、右ショートストレート系のパンチを使うことが多いです。

単発より、右ストレートから左フックなどコンビネーションパンチにつなげることが一般的です。

近距離のため、すばやくコンパクトに打つことがポイントです。

ナックルを返さずガードのスキマを狙う打ち方も効果的です。

フック系パンチ

接近戦ではフック系を多く使うことが多いです。

 

対角線上に打つパンチが相手の意識をかく乱できて効果が大きいです。

例えば

右フックからの左ボディや、その逆。右ボディから左フック(井上尚弥選手得意ですね)

 

こちらも、打っていない手のガードをしっかりすることと、コンパクトに打つことがポイントです。

後、先ほども申し上げたとおり、相手の正面に立たないことがポイント。

アッパー系パンチ

アッパーもどちらか言えば接近戦で多用できるパンチですね。

こちらも隙ができやすいパンチなので、ガードやポジションに注意が必要です。

 

中距離時の打ち方では、回転が遅くなりがちなので、肩で打つパンチで高回転でコンビネーションを打つことができます。

上級者になるためには必須の肩抜きの方法を学びたい方はこちらの記事も合わせてお読みください。

 

ボクシングのトレーニングメニュー 肩抜きでパンチの回転力を上げる

 

トップレベルのボクサーが入場時に肩をガクンガクンさせているあれです。

 

相手のパンチを読んでカウンターを合わそう

パンチに自信があるパワフルファイター系とまともに打ち合いしても勝ち目はありませんよね。

パンチのラッシュで、何もできなくなることもよくあります。

相手の土俵に立たないためにこちらも戦法を考える必要があります。

 

例えば、パンチの連打をしてくるということは隙ができるため鋭いカウンターを狙う。

いくらファイター系でもパンチを打ってくるときには、隙ができるためそこにピンポイントで

カウンターを返してみよう。

相手もダッキング、ウェービングを駆使してきて当てづらいはずですが、この返しが成功すれば相手も出にくくなることがあります。

狙っているふりだけでもフェイントになって効果がある場合があります。

要するに相手のペースにさせないようにすることが重要です。

足を止めるとすぐボコボコにされてしまう恐れもありますので、左右にフットワーク、ガードはいつもよりも集中して行うことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です