ボクシング 初心者 相手より有利なポジションは?

ボクシングでは相手より有利なポジションで戦うことが理想です。

ですが、実際はなかなか有利に戦うことができず戸惑うと思います。

スパーリングでも、パンチを打つのに必死になりノーガードとか、また、シャドーボクシングで一生懸命練習しているフットワークも、実際のスパーリングではまったく使うことができず、その場に止まって打ち合いになってしまうケースも数多く見られます。

それは失敗や経験として大事なことです。

その上で、トレーナーから指摘や、自分でボクシングできていないなと気づくことで

その修正してレベルアップをしていきましょう。

ボクシングの基本は左に回る!

ボクシングでよく、左に回れといわれますが、実際意識しないとそのメリットを感じることは出来ないと思います。

僕も、トレーナーに言われているから機械的に相手の左に回っている時期が長かったです。

しかし、本気になってプロボクシングのプロテストに受かるため、あかんかったところを真剣に見つめ直す時期にようやく左に回る重要性、メリットを感じることが出来ました。

相手の死角+相手からしたらやりにくい位置で有利に戦える

相手が左ジャブやストレートを打ってくるときにその場にいれば、パンチをもらう可能性が高く危険です。

しかし、左に回っていると相手のパンチの被弾の数が減っていると思います。

相手からしたら、右に動く相手を仕留めるのは難しいです。

プロ選手の人も言ってました。「2R目から右に動かれて(相手からしたら右に移動)やりにくかった」と。

スタミナ切れてきたり、パンチを打つことに必死になったら意識してても忘れることが多いので、常に左回りに動くことを反復練習してみて下さい。

必ず以前より有利に戦えることに気づくはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です