ボクシングでディフェンスだけでは相手は倒れない【打たれたら打ち返すことが重要】

こんばんは。もときです。

ボクシング技術論で安全に強くなるために、方法論を解説しています。

C級ライセンスレベルですが、運動音痴で30歳を越えてからプロボクサーに慣れたことは自分の中で

大きな自信になっています。

このような経歴は貴重な方になると思うので、情報発信を分かりやすく解説し、ボクシングを上達させたい人に

役にたつように努めてまいりたいです。

やはり

ボクシングは打たれずにして打ちたいですよね。

 

ですので、デフェンスの重要性の記事を多く書いてます。

ボクシングは頭部を打ちあう危険なスポーツであるため、安全に行えるようにと

相手のパンチでダメージをもらうと、こちらのパフォーマンスも発揮できなくなるためです。

僕はこのディフェンス技術を学び、あまりパンチをもらわないほうだと自負しています。

当然、相手のレベルによりますが・・・・

ディフェンス関連記事:

ダッキング【ディフェンス】はボクシングで攻防一体の技術

ボクシングのディフェンス力を上げるポイント

ボクシングでガードが下がらないようにするコツ【得意な筆者が解説】

 

これは一例ですが、ディフェンスすることだけを記事にしていましたが、実際は

打たれたら打ち返す必要があります。

プロテストとかアマチュアでもこちらは全然食らっていないので余裕でも、防戦一方な

場合は、戦意喪失やダウン取られたりします。

後相手のペースにもなり危険です。

ですので、

ディフェンス+返しの技術

を解説します。この技術ができるようになったらカウンターも練習して相手を翻弄させましょう。

ディフェンスしたらすぐにパンチを打ち返す

両手を前にガードしたり、パーリング、ダッキングして相手のパンチを避けて

満足してはいけません。相手を攻撃してダメージを与えないとボクシングでは勝てません。

相手のジャブに対して相打ちぐらいのタイミングでジャブを打ち返す

相手はまず、ジャブで距離を測ったり、相手をけん制して、奥手のストレートなどを

当てようとします。そのジャブを相手の思いのままに打たせるとペースを握りやすくなり

ストレートの被弾率も高まります。

そのための対策で、ジャブをパーリングしたら、相手にもジャブを打ちます。

理想は、パーリングしたら、相手もパーリングするくらい同時(相打ちのような)が

いいですね。相手もやりにくいと感じます。

相手のフックに対して打ち返す場合

相手は左フックを打ってきたら、こちらも打ち返します。相手のガードが甘いとそれだけで

ヒットさせることもできます。

また単調にフックに対して、何度もフックを返してると相手も慣れてしまいます。

相手の意表をつくためにも、ウェービングを入れて(ストレート返したり)、相手のフックの

予備動作を読むことができれば、ショートストレートで相手よりも先に相手の顔面にヒット

させるなど(リナレスのような)裏を書くように打ち返しましょう。

ダッキングして、ボディ入れたりと・・・とりあえず返す

いろいろ一例を挙げましたが、とりあえず、当たらなくても返すようにしましょう。

 

相手にリズムに乗らせないように

僕はディフェンスが得意なほうですが、防戦一方で、たまにジャブをコツコツ返すだけとか

していれば、相手は止まりません。

僕に1発ヒットさせてから、勢いづいてバンバン攻めてきて、ペースにのまれそうなことが

あります。

そうなると自分の体力も奪われてきて、きついなーと思うこともあります。

そうならないように、打たれたら、相手くらい返す、カウンターを入れるなど

して攻撃を止める必要があります。

これでうまいこと行った場合は、相手が攻めにくくなっていることが分かります。

見合い状態で、全然打ってこないとか 笑

僕もこのときカウンターを狙ってる風で、休んでるとか

心の中で「よしよし、出れないな、休んだろう 笑」

接近戦での打ち合いで返すことは難しいかもですが、距離を取ったりして

ステップインして返す方法もあり、これもいろんな状況があるので試してみると

新しい発見があるかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です