井上尚弥とノニト・ドネアの決勝戦【展開予想】

 

5月19日に井上尚弥とエマニエル・ロドリゲスで、井上尚弥が圧倒的な強さで勝利をおさめ

世界ボクシング界に衝撃を与えましたね。

「PFP(パウンドフォーパウンド)---簡単に言うと階級を考慮しないで誰が強いかのランキング」

でも4位に上がりましたね。これは凄すぎることですね!

それだけ高い評価を得ています。

 

WBSSも次回は決勝戦で、あの5階級制覇を成し遂げた伝説のノニト・ドネアが相手です。

年齢も36歳で、衰えたと言われていますが、やはり実力者で決勝にまで行くことができてますね。

 

今回はノニト・ドネアの戦闘能力について過去の実績から現在までリサーチして、WBSSの決勝戦での展開予想に役立ててもらいたいです。

 

ノニト・ドネアはどのような実績・戦闘スタイルは?

ノニト・ドネアはフィリピン出身のプロボクサーです。

5階級制覇の詳細

・フライ級

・スーパーフライ級

・バンタム級

・スーパーバンタム級

・フェザー級

と5階級の世界チャンピオンになりました。

戦闘スタイルは基本オーソドックスで、たまにサウスポーにも変えるスイッチヒッターで左フックが得意です。

動画で過去の試合を見ましたが、スピードとパワーがあり、鋭いコンビネーションを打っているシーンをよく観ました。

しかし手数が少なくKO、カウンターを狙うスタイルであるため逆に判定の結果が多くなっています。

しかしトータルの強さはありますね。

本物かどうかのものさしを図るのために、リゴンドーとの対戦で判定で負けはしましたが、

ダウンを奪ったほどのパワーとスピードです。

 

井上尚弥との対戦ではどうなるか?WBSSの決勝戦

井上尚弥も3階級制覇してます。

・フライ級

・スーパーフライ級

・バンタム級

です。

 

フライ級のときからビックネームをどんどん倒していき、インパクトのある内容で試合に勝ってきています。

しかしバンタム級に上げてから勝ち方がマンガみたいですね 笑

ガードからダメージを与えたり、1~2Rで簡単に倒したりしてます。

外国メディアではマイクタイソンみたいと言われています。

それぐらいパンチ力、スピード、急所を的確に当てる技術が半端ないってことですね。

 

僕の予想ですが、ノニト・ドネア相手でも、2~3Rで井上尚弥がKOですね。

3Rもノニト・ドネアはもつかどうか分かりません。

 

5階級制覇といいますが、今の井上尚弥とはレベルの差があると予想しています。

 

決勝戦もサクッと勝つと思いますが、ドネア倒したら、次の相手が見つかるか心配ですね 笑

 

とりあえず決勝戦楽しみにしています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です