ボクシング 村田諒太 プロとして稼げるようになりたいとコメント

皆さん村田諒太選手のことは覚えてますか?

2012年のロンドンオリンピックのボクシング ミドル級で金メダルという偉業をなし

プロ転向してチャンピオンロードに向かって長い年月がかかったが、2017年10月にWBAミドル級チャンピオンになった。

ゲンナディゴロフキンとの試合も組まれる可能性があったが、その前の戦いで格下のロイ・ブラントに判定負けした。

試合内容を僕は、DAZN(ダゾーン)に登録しました。楽しみにしていて余裕だろうと思ってましたが、実際観ていると「パンチもらいすぎじゃね!」でしたね。後からニュースとかで1000発以上もらっていたとのこと。パンチ力はなかったですが、スピード、フットワークに翻弄されてましたね。

それから村田諒太終わったなと思ってそれからもう記憶から消されてました。というか負けてからメディアがいっきに取り上げなくなりましたね。

本当メディアは冷たいですね。長谷川穂積も絶頂期で防衛記録を更新してましたが、フェルナンド・モンティエルに記録をストップされてから一時期でませんでしたね。

けど彼は、それからもあきらめずに現役続行し、長年経ってまた世界チャンピオンに返り咲き、三階級制覇の偉業を達成しました。

それからコメンテーターの仕事でも活躍してますね。

村田選手もこの負けは本当に悔しいと言ってます。またビデオ何回見直しても「なんでこんな選手に負けたんだろう」と自分でも不思議に思っています。

原因は自分にはパワー、パンチ力がなかったと分析しています。

次は今まで以上に強くなってボクシングを盛り上げてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です