ボクシング世界戦 ワシルロマチェンコ VS アンソニークロラ 4/18 2019

ワシルロマチェンコ(WBA・WBO世界ライト級統一王者)とアンソニークロラのタイトルマッチが4月18日(木)に行われることが決定しましたね。

ロマチェンコはをライト級4団体統一を目指していますが、IBF王者のリチャード・コミーとの統一はまた延期になり、統一には時間がかかりそうですね。

ロマチェンコは4団体を統一した後は一つ下の階級のスーパーフェザー級にもどるプランも考えていると言ってます。

ロマチェンコはライト級に上げてから、以前のように相手を戦意喪失するような勝ち方ができなくて、スーパーフェザーが限界のような感じに言われています。

次のアンソニー戦で勝利はすると思いますが、また後半のラウンドでボディとかでKOするパターンになりそうと個人的に予想しています。

YouTubeで、ロマチェンコの過去のKO特集をよく観ていますが芸術的な技術ですばらしいですが、最近の試合は物足りないですね。

しかし、リナレス戦で痛めた右肩のケガも回復しているので次回はワンランク上の戦いを魅せてくれることを期待しています。

ライト級に階級を上げてから2戦ですが、リナレス戦で、右カウンターを合わせられダウンシーンや、その次のペドロザ戦でもパンチをもらったりしていて、大差で勝利はしていない。

テクニックはすばらしく、華麗なフットワーク&コンビネーションを繰り出すが、当たってもクリーンヒットをしていない印象である。軽い階級からきたロマチェンコのパンチは受けるダメージは小さいのかなと思います。

リナレスも階級を一つ上げ、スーパーライト級でパブロ・セサール・カノと戦って初回1RでTKO負けをしたのは記憶に新しいですね。

本人も敗北後のコメントで、この階級は自分の階級ではないと語り本来のライト級に下げるということも表明しましたね。

調整しても1階級差は大きな壁があるのですね。

そう考えると5階級・6階級制覇したオスカー・デラホーヤ、マニーパッキャオとか化け物ですね。(笑)

パッキャオは40歳でも現役ボクサーで、政治家、プロバスケットボーラー兼ヘッドコーチで異色すぎますね。てか人間じゃないですね。(笑)

しかもアジア人であの快挙はすばらしいですね。

日本で活躍している選手では井上尚弥がパッキャオに続く伝説を作り上げてほしいですね。

あと伊藤雅雪選手、田中恒成選手も応援しています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です