ボクシングのトレーニングでL字ディフェンスを【メイウェザーのように】

ボクシングのディフェンス技術で、

ボクシングのディフェンス技術の基本中の基本 〔初心者向け〕

の記事でも紹介させてもらいましたが、他にもいろいろなディフェンス技術があります。

中級から上級者向けになりますが、自分の技術が向上しバリエーションが増えるとその分

ボクシングが楽しくなると思いますので紹介します。

僕は一般会員の方とマスボクシングをする機会がありますが、その技術を使うと面食らった感じの反応を見られたときに楽しく感じてます。

L字ガードとはどんなディフェンス技術?

L字ガードを使いこなす有名な選手といえばフロイド・メイウェザー選手ですね。

右手は高い位置でガードし、左手は文字通り字に曲げてお腹付近にキープさせて

戦うスタイルです。

L字ガードの正式名称は「フィリー・シェル」=「philly shell」と言われ貝殻のガードと意味だそうです。またカニのような構えにも見える事から「shoulder roll」と呼ばれることもあるそうです。

遠距離で戦うときは、通常の構えより半身、右アゴの横に右腕がくる位置まで持っていくのが定番です。

近距離では、右ほほに右手が来るように構る。

メリットは、ジャブやフックが当たりやすい。相手のストレート系パンチを避けやすい。

ストレートが入りそうになると左肩でアゴをガードできたり、ダッキングでもパンチの軌道をかわすことができる。

ストレートのカウンターを狙いやすい。

デメリットは、ジャブ・フックを打ちやすいが、威力のあるパンチを打てない。

相手の右オーバーハンド、左ボディに弱い。

あのフロイドメイウェザーもパッキャオ戦でL字ガードをずっと使ってはいなかったので

相手のレベルなども考慮してL字ガードスタイルを使っているのだろう。

ボクシングのL字ガードを使うためには目の良さが重要!

通常ではボクシングは、両腕で顔面をガードすることが基本です。

そしてL字ガードは、通常スタイルと違い、片腕で顔面をガードするという点で

目の良さが重要になってきます。

 

肩幅も広いほうがL字する上でメリットになります。

なぜなら、相手のパンチを受ける被弾先は自信の左肩であるため、大事な頭部への

距離は長ければ長いほど安全であるため。

WBA世界スーパーウェルター級でミゲール・コットと戦ったことのある亀海善寛選手もL字ガードを得意としていました。

自分でも肩幅が広いため、L字ガードスタイルがあっているといっていました。

けれど、世界戦での強豪と試合するときはL字ガードを封印するそうです。

メリットはあるが、リスクも大きいためすぐKOされるし危険と判断したのでしょうね。

 

L字ガードを使ってマスボクシングしてみた

YouTubeで週に何回かワールドボクシング動画をみる僕ですが、

一時期フロイド・メイウェザーの試合をよく観ていた時期がありました。

「L字ガードかっこいいなーって」

 

そして、さっそくボクシングジムに行ってマスボクシングを数人やりました。

 

そのときの感想が

 

「けっこうジャブあたるやん。しかも出しやすいし。けど全然ダメージなさそう」

「リーチがない相手なら、腰を軽く時計回り(右へ)少し回して、状態をそらしたら

簡単によけれるやん」

「アッパー、フックも死角から打てて、相手反応しんどそう。楽しー」

「強い相手やったら、結構もらうな右のオーバーハンド怖えー。」

「強い相手やったら、状態をそらして一発避けても、次の動作に移りにくいし、距離つぶされ

るな」

とかいろいろ発見がありました。

 

結局相手次第で使いやすい、使いにくいなどありましたので勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です