ボクシングで井岡一翔が4階級制覇を目指す!令和元年の6/19に幕張で

ボクシングで井岡一翔が4階級制覇を目指します。令和元年の6/19に幕張メッセで行われます。

 

相手はWBOスーパーフライ級1位のアクソン・パクリテ(フィリピン)です。

 

戦績は25戦(21KO)で2敗1分で、この階級でKO率が高すぎますね。

 

井岡一翔は、去年の大晦日にドニー・ニエテスに敗れ4階級制覇の実現にならなかったがまたチャンスが巡ってきました。

今だ4階級制覇した日本人はいません。それくらい難しくすごいことです。

 

3階級もすごいですが、日本人で達成した先週は数名います。

 

井上尚弥、田中恒成、亀田興毅、長谷川穂積、八重樫東です。

 

井岡も3階級制覇しました。

 

そしてしばらくしてから突然のモチベーション低下?私生活のトラブル?

 

等の理由により突然引退しましたね。

 

しかし、また復活し海外でトップレベルの戦いをしたいと宣言し、拠点も海外に移して再び上を目指しました。

 

そして実現したWBO世界タイトルマッチでドニー・ニエテスといい勝負しましたが、判定負けで4階級制覇の夢は破れました。

 

僕の感想です。

 

お互いいい勝負してましたが、相手のスピードと回転力が井岡を上回ってましたね。

 

また井岡はスーパーフライに階級を上げてましたが、スピードがその分遅くなってましたね。

 

体も若干絞れていない気もしたし本調子でもない気がしました。

 

しかし、今回は意気込みも前以上にあると思うので本気で仕上げて勝利を取りにいくと思います。

 

最近は、海外で井上尚弥、伊藤雅雪も活躍しているので、井岡も次戦に勝利して快挙を成し遂げてほしいです。

 

以前から日本人と海外のレベルは大きく違うというイメージもありますが、このような活躍選手がこれからも増えて日本人も通用するってとこを見せてほしいです。

井岡選手のこれからの活躍を期待してます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です