DAZN独占放送 ライアンガルシア VS ロメロデュノ【試合速報】

 

メイウェザーの秘蔵っ子として、那須川天心との対戦も希望したライアンガルシア選手の試合が本日DAZNで独占放送されました。カネロVSコパレフ戦の前哨戦で、勢いのあるスター候補選手で期待のホープとして人気が上がってきています。

ライアンガルシア選手とは?

アメリカ人で、オスカーデラホーヤ率いる「ゴールデンボーイプロモーション」所属です。

・身長 178cm

・スタイル オーソドックス

・戦績 18戦全勝(15KO)

・階級 スーパーフェザー級

※11月3日のロメロデュノ戦では、ライト級の10回戦の契約です。

モデルくらいイケメンで強いのでスター候補の選手です。

特徴はスピードとパンチの破壊力があります。

手数も多いですが申し分ないですが、経験不足からかスロースターターで序盤は固くなる傾向があるのが見られます。

ライアンガルシア VS ロメロデュノ【試合速報】

相手のロメロデュノ選手はフィリピンの選手で経験豊富のため、経験やテクニックを使ってくると思うので、どういう展開か楽しみでした。

ライアンガルシア VS ロメロデュノ戦 1R

ゴングが鳴って試合開始!

ロメロがガルシアにリーチで差がありそれをつぶすためにダッキングを入れ距離をつめる。

ガルシアも懐に入れないようにジャブを突いて距離を取ろうとする。

ロメロはそれをかいくぐり、距離を詰めたところで、フック系のパンチを連打。

しかし、目のいいガルシアは全てかわし、カウンターを返す。

ロメロもガードで耐えるが、ガルシアのスピードと切れがあるパンチにやりずらそう。

そしてライアンの手数が増えてきて、ワンツー、左フック、ジャブなどをどんどん繰り出す。

 

 

パンチ早すぎ!しかもガードの上から効いてるんじゃね?

という風に、どんどんライアンの攻撃の回転力が上がってきてます。

僕がみてもガードの上からもダメージがあったと感じます。

そしてまだ1R中盤なのに右フックでロメロのテンプルにヒットし、ダウンします。

すぐロメロは立ち上がろうとしますが、明らかにダメージが大きすぎて足はフラフラ、焦点も合わず、レフェリーが試合を止めました。

あんなけダメージがあったらもう試合は無理だなと思うぐらいの状態でした。

ボクシングファン
ライアンガルシア強すぎ!井上尚弥選手みたいな飛びぬけた強さやな

僕が見ていても、格の違いは明らかでした。

ガードの上からでもバンバンパンチを打っていってダメージ与えるみたいな。

井上尚弥VSパヤノ戦を想像させる戦い方でした。

まとめ

ライアンガルシアVSロメロ戦の解説をしましたが、早く終わりすぎたため、解説出来ることも少なくなりました。

ボクシングでスター選手が出てきて、ボクシングファンの筆者としてうれしいです。

最近はDAZN独占放送が増えてきているので、ワールドボクシングが好きな人はDAZNに登録しておいたほうがいいかもしれませんね。

よかったらリンク貼りますので無料登録どうぞ。


【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが年間10,000試合以上見放題!



(初月無料なのでいまいちならすぐ解約できるのがグットですね。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です