ボクシングトレーニング 上下の打ち分けで有利に戦おう

 

ボクシングのトレーニングで上下打ち分けで有利に戦えるように技術に解説したいと思います。

スパーリングでも、なかなか狙ったパンチは当たらないものです。

相手もパンチをもらわないように意識をしているため余計に当たらないですね。

ジャブ、ワンツー、フック等上ばかり狙っていたらやはりガードが堅い選手などは当てることは難しいと思います。

そこで、やはり普段からボディにもパンチを打つ練習をして、上下にパンチを打ち分けて、意識をかく乱させることが目的です。

こうすることにより、相手も上だけでなく、下にも意識しなくてはいけないし、体力も余計使うことになりメリットがあります。

なかなかボディを当てることはこちらもリスクがありますが、練習して得意にすれば

相手より有利に戦えることは間違いないです。

ボクシングで上下に打ち分けるパンチのパターンは?

パンチパターンは数多くありすぎますが、その中で一例を挙げたいと思います。

ボディに左ジャブ

やはりジャブであり、予備動作が少ないため意識を下に向けさすのにコスパいいですね。

けど頭の位置がそのままや、ガードをしていないと、右のカウンター上手い選手には注意ですね。スピードを心がけましょう。

 

ワンツー左ボディ

定番のコンビネーションですね。これもスピードとテンポがよくないと当たらないですね。

ミット打ち、サンドバックでワンツーフックを練習すると思いますが、案外実践では当たらないと思います。

そこで当てる方法として、ワンツー左フックでを何度か打っておくと、相手は簡単にガードしてしまうと思いますが、そこでワンツー左ボディを打ってみると、ボディが入りやすくなったりします。

相手も顔面にフックが来ると思い込んでて、意識していないボディに食らうためタイミングよければダウンすることもあります。

僕もよくそれでダウン取っていました。しかも左ボディも軽く打ってですよ!

逆に力むと動きが遅くなったり、相手に読まれやすくなりパンチ自体は威力があってもクリーンヒットしにくくなるということもよくあります。

ダウンさせるパンチは相手の不意をつき、軽くても倒れるということは日本ランカーのトレーナーによく指導してもらっていました。

 

左フックから右ボディやその逆

これもよく使いますが、相手は左のパンチに意識(しかもボディも警戒)していて、コンビネーションで右を打たれるというパターンです。

右もストレートを警戒していると思うが、右のボデイを打たれるので、結構パンチを入れやすいです。

これはほんの一例ですが、いろいろ試してください。

 

上下打ち分けのパターンは相手の状況に合わせて狙うことが最も重要

先ほど、顔面とボディの打ち分けコンビネーションの一例を挙げましたが、最も重要な理論を説明しますと、相手を混乱させるパンチを打つことです。

顔面だけ狙うパンチは結構ガードを上にしっかりあげていると当たりにくいものです。

そこにボディにもパンチを入れていき、相手に上下に意識を向けさせ「どっちに打ってくるんだろう・・・」と焦らすことが出来れば効果が大きいです。

そしてボディをガードさせるようにすると、自ずと固い顔面のガードも下がるので

そのタイミングで顔面にパンチを打つと当たる可能性が上がってきます。

またボディも軽く打つだけやフェイトを入れても効果があり、有利になります。

ガードを下げさせて、狙っていた顔面にストレートでクリーンヒットさせるなど、

逆に顔面に軽く打ち、ボディにボディをクリーンヒットさせるなど。

またボディフック系でなく、ストレート系も入れるなど。いろんなパンチの引き出しを持っていると、相手の対応も大変になるので。

そして相手の反応も見ながらいろいろ試してみることと案外ヒット率が高いコンビネーションが見つかることも多々あります。

 

ボディパンチは有効だがカウンター狙われやすいのでガードが重要

上下打ち分けのためにボディパンチを効果的に打っていこうという技術の解説をしてきました。

しかし、ボディパンチは顔の前に構えているガードを相手の腹に打つため、その瞬間ガードがあくためリスクもあります。

そのため、左ボディ時には右手のガードをしっかりアゴにつけたり、右ボディストレートのときは、正面から打たず、左斜め前や頭を左に傾け相手のカウンターパンチを被弾しないように気をつける必要があります。

こういうリスク対策とスピードを上げてボディを打つトレーニングで上下打ち分けが上手くなりワンランク上のボクサーになることは間違いないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です