ボクシングのストレートパンチ上達のポイント

 

たけし
ボクシングのストレートパンチ上手く打てない。いつも打つとき相手にばれて当たらないし、上手い人にはカウンターもらうし。上手くなるコツないですか。

その中のストレートパンチが威力ある理由と、打ち方、習得までジャブと同じでひたすら反復練習が必要という内容を、この記事を読めば理解ができると思います。

ボクシングのストレートパンチのコツを解説!

まずストレートパンチとは、ボクシングで

構えの奥手(前手でもストレート打つことがある)

を真っ直ぐと突き出し、体の体重、腰の回転のパワーを拳に伝え相手にダメージを与えるパンチです。

人間の本能的にはフック系を出してしまうのでそれをトレーニングで修正

人間は相手を倒すときは、本能的にフック系で振りかぶるパンチを打ちます。

しかしボクシングのストレートパンチは真っ直ぐ最速で最大の威力を出すように考えられた

パンチであるため、両者は異なります。

ですので、このストレートを打てるように、トレーニングが必要です。

脇を締め、拳を自分のアゴから的目がけてまっすぐに

打ちだしのモーションも相手にばれないように最小限にします。

また、拳も構えの位置からそのまま真っすぐに打ちます。

その際、脇も締めないと動きがバレるのと、力が分散してしまいます。

相手に当たるときに拳をにぎり、すぐに引く

これはインパクトを創るためです。インパクトは大きなパワーを生み出します。

また、拳を握る+すぐに引き、ガードポジションに戻る必要があります。

リラックスする

硬いと本来の自分の力をあまり出せなくなります。

疲れてくる、怖い、思い通りにならない、などいろいろなメンタル要因によっても硬くなり

自分のパフォーマンスを出せなくなるので、リラックスを普段から意識が必要です。

ボクシングのストレートパンチのダメな例

ストレートパンチを手打ちで打ってしまう。

体の力を使わず手の力だけでパンチを打つ「手打ち」をやってしまいがちです。

手打ちは、実際には威力はほとんどなく、いくら力んでもダメージを与えることはできません。

手打ちにならない方法は腰を回すことです。足から腰、肩、腕、拳への連動を意識し

スムーズに力を伝えることでパンチの破壊力が上がります。

ストレート打つ時にガードががら空き

ストレートはジャブに比べてモーションは大きいです。そのため

打つ時には相手のカウンターを狙われたりしてリスクも上がります。ということで

攻撃だけでなく、防御も最大限に意識が必要です。

具体的には、打っているストレートが右手の場合、左手でアゴをガードします。

脇を締め、ボディもガードします。よく左ボディを相手は狙ってますので要注意です。

相手をパンチで押してしまう

相手を倒したい気持ちが強いほど、相手を押してしまいます。

吹っ飛ぶこともありますが、ダメージはあまりありません。

基本のインパクトを創ることを心がけてください。

ボクシング上達プログラムで最速で強くなる

ボクシングを最速で学び強くなるためには、以下の教材をお勧めします。

無駄なく、効率よくボクシングが強くなるメソッドが詰まってます。

関連記事: ボクシング上達プログラムで最速で強くなる

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です