ボクシングを自己流で学ぶ

たけし
ボクシングを自宅でも練習して出来るようになりたいんだけど。いい方法ないかな。
自己流はへんなクセがついてだめって言う人もいるし実際はどうなんだろう…

こんにちは、motokiです。新型コロナウィルスの影響もあってジムで汗流すことは避けたい人も多いと思います。

でもボクシングは上手くなりたいし、自宅時間で運動しながらボクシングも上達すれば一石二鳥ですね。

そういう人のために

「自己流のボクシングってどうなの?」

「自己流でうまくなるの?」

という疑問にお答えする記事を書きました。

ボクシング上達プログラム【体育の通知簿2でも強いパンチ打てる】

ボクシングを自宅で自己流で学ぶ

ボクシングを自己流で学ぶことに否定的な人も多いと思いますが、

基本的フォームの習得は自宅で一人でできます。

全くのボクシング初心者は下記の注意点を気をつけてトレーニングすれば

基本のボクシングフォームはできるようになります。

しかし、実践で強くなるためには、相手がいないとダメですが。

自宅で基本ボクシングフォームを身につけるためには、自分の形、フォーム確認は

必須です。

ボクシングジムに大きい鏡があり、そこでシャドーをするのですが、

自宅にはそんな大きいサイズはないですよね。

けれどあきらめる必要はありません、小さい鏡、窓の反射で

十分フォーム確認できます。

洗面台の鏡でフォーム確認

上半身は映ると思うので、ガード、アゴ、パンチの軌道、パンチを引いてるか

などのチェックを十分に行えます。

窓ガラスの反射でフォーム確認

雨戸を閉めた状態なら、なぜか全身が反射して鏡みたいに映ってると思います。

これで全身の動きの確認できますね。

ボクシングを自己流で学ぶ際の注意点

ボクシング初心者にありがちな悪いクセを把握し修正する必要

ボクシングを初心者が自己流で学ぶとだいたい悪いところは共通しています。

ほぼ決まってるので、その悪い部分を修正して反復練習すれば克服できます。

例をあげますと、

・アゴが上がっている

・体に力が入りすぎ(特に肩)

・重心移動できてない

・脇が開いてる

などです。他にもまだまだいっぱいありますが、代表的な修正点は上記です。

当然ですが現在、世界チャンピオンの人でもボクシング初心者の頃はこのような修正ポイント

は必ずあります。

相手がいないと実戦力は上がらない

パンチのガード、避ける、距離感は実践を積むしか上達しません。

ボクシングジムに通わなくても知り合いや、経験者がいれば上達スピードは

格段に上がります。

自己流でボクシングを学ぶなら【ボクシング上達プログラム】

ボクシングがうまい人=人にも分かりやすくボクシングを教えるのもうまい

はイコールではありません。

しかし、ボクシング上達プログラムの三谷さんは、数々の生徒を指導してきて実績を出した

教えることもプロの方なので、初心者のつまづく点も計算して教材を作られているので

自己流でボクシングを学ぶ人に最適であると思います。

ボクシング上達プログラムについて詳しく書いた記事は以下になります。

↓↓↓

ボクシング上達プログラム【体育の通知簿2でも強いパンチ打てる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です