ボクシングは独学で上手くなることはできるか【結論不可能です】

 

たけし
ボクシングを独学でうまくなることはできるんかな…できるんだったら方法を知りたいな

※ボクシングを理論的に学べば技術が上がるプログラム

 

 

 

 

日本人のスターの活躍も多いですね。例えば、井上尚弥選手、伊藤雅雪選手とか。

 

またボクシングはフィットネスにも最適ということは、テレビ、ニュースで話題になっています。

「ボクシングを始めたいが、絶対ジムに通わないと上手くならないのかな」

 

「最近はYouTube、ネットでボクシングのパンチの打ち方解説とか無料でみることできるし、独学いけるんちゃうん」

 

「鏡でシャドーボクシングをやってみて、けっこう俺うまいことできてるんじゃないかな」

 

とかいう人向けにボクシングを独学で学ぶことはやめておいたほうがいいということを解説します。

 

ボクシングを独学で学ぶことは不可能【結論 違った方向に向かいます】

初心者がボクシングを独学で学ぶことについてですが、結論から申し上げると不可能です。

というか、ボクシングとは違う方向に向かう可能性が大です。

なぜなら、動画をみて、自分流にワンツーパンチを行っていても、間違ってフォームを覚えてしまい誰も注意してくれないためです。

また、ボクシングは相手との攻防戦をするため、一人ではできません。

(ある程度実践経験がある人は別ですが、初心者は無理です)

もし家でシャドーを動画を見ながら学んでいて、家族の誰かがボクシング経験者であれば話が別です。

自己流でやっていたら「脇空いてる、力は入りすぎ、腰回っていない」など指摘してくれるはずです。

そうです、ボクシングを覚えるにはそのような技術指導が必須で、ただ単に思いっきりパンチを打てばいいってものでもないです。

(実際には、常に脱力状態でパンチが当たる瞬間だけ握り、すぐ引くというテクニックが必要です。これはジムに入会してもこつこつ練習するしか方法がありません。)

手の出す位置、手の戻し方、力の入れ方、抜き方、腰の回し方等、計算されたボクシングの技術があるため、経験豊富な指導者に悪いところを見てもらい正しいフォームを教えてもらう必要があります。

もし、自己流でボクシングを学ぶと自分だけができているイメージですが、他から見るとボクシングと全くかけ離れてしまいます。

ジャブにとっても、なぜあのようなフォームなのかも考えられて現在の形になっています。

ジャブは自分より前に出す手で、相手に最短距離で当てられ、けん制、相手の距離を測ったりといろんな用途で使用されています。

ストレートパンチも、最短距離で相手にダメージを与える技で、体のパワーを順に足から、腰、肩、拳へ伝えるものです。人間の本能的にはフックのようなパンチが出てしまうと思いますが、ストレートは技術的なパンチです。

また、適度な脱力をしないとそのパワーを拳に伝えることができず、威力も半減したりします。

必死に相手を倒そうとすると力むのは当然ですが、効果は逆に半減するというボクシングの奥深さがありますね。

少し理論が入りましたが、理屈で分かっていても、実際は難しくなかなかその通りにパンチを打つことはできないです。それほど、ボクシングの独学は難しいです。そのため訓練が必要となります。

ボクシングを独学で行った結果…自分の失敗談を話します。

僕の経験談から申し上げたいと思います。僕は2002年から格闘技に興味を持ち、K-1、PRIDEの番組は欠かさず観るくらいハマってました。

実際に試合を京セラドーム、埼玉スーパーアリーナに観に行くくらい好きでした。その時にファンだった選手、魔裟斗、今は亡き山本KID、ミルコクロコップ、ノゲイラ、ヒョードル等今思い出しても、興奮しています。

仕事の同僚に、休みの日は何されてますかとの質問で、「一日の半分は格闘技のことを考えている」と言ったら、爆笑されたのを覚えています。

それくらい格闘技が好きでした。

運動おんちで部活もやっていなかったですが、自分でも格闘技を始めたい気持ちが大きくなり、まずは独学で、レンタルDVDを何回も観て、自分なりにパンチの出し方、キックの出し方を研究し家で練習していました。

そのときは、その有名選手になりきり自分は強いぞみたいな妄想にふけっていました。

けれど、格闘技好きの熱はどんどんヒートアップし、当時近所にはボクシングジムしかなかったため、その門をたたくことにしました。めちゃくちゃ不安で怖かったことを覚えています。

最初に教えてもらったのは、構え、前後のステップ、ワンツーのみでした。自分なりの、派手なロシアンフックかぶりなどしたら、全然違うとか言われたのを覚えています。実際はめちゃくちゃ地味な動作の反復練習でした。

シャドーボクシングと言われる、鏡の前で自分のフォームを確認する練習でワンツーはほんと地味なパンチだなと思っていました。

早くフック、アッパー教えてくれーって思ってました。口に出したらまだ早いと言われましたが…

それに、今まで自己流にやっていた悪いクセを抜くにもなかなか時間がかかりました。

今では、プロライセンスを取るくらいまで上達し、その地味なワンツーの繰り返しがどんな大切なことは身にしみて分かりますが、当時でしたら全然気づかないです。

まっさらな状態でボクシングを始めた人はいいですが、僕のようなボクシング好きで、自己流ボクシングをやっていた人が入会してきました。

その、情報を聞く前に、シャドーボクシングをやっている姿をみて、フォームがおかしすぎるとすぐに気づくレベルでした。これは修正するのに時間がかかると。

どこで練習してたんと聞くと動画を観て一人で公園で練習していたと言ってました。

僕が入会したときもこんな風だったんだな感じました。

やはり、ボクシングはある程度経験のある指導者にみてもらわないと誰でもそうなるんだなと思いました。

ボクシングジムに通う時間や勇気がない

通勤・通学のルートから外れていて通いにくい

実際にボクシングジムに通いたいと思っても、仕事や学校行っている人は

なかなか時間の制約などの理由で通うことが困難である場合があります。

また通勤・通学ルートから外れてしまうと、余計に通うのことにハードルが上がります。

大手のフィットネスジムのように駅近で便利な場所にボクシングジムを構えているところは多くありません。

ボクシングジムに入門する勇気がでない

ボクシング未経験の人がボクシングジムの門を叩くことは普通に勇気がいります。

勇気がでないといっても大半はそうであることと思います。

 

自己流で独学はNGだが、プロが指導するボクシングDVDで自宅で練習する方法はある

管理人のもときも、ボクシング強くなるためにいろいろな本や教材を試しましたが、その中でも

おすすめするものを紹介します。複雑ではなく、シンプルに分かりやすく説明されているものが

やはり理解につながり、上達が早くなると感じます。

ボクシング上達プログラム

ボクシング上達プログラムは、ある程度ジムでトレーニングを積んで、いろいろスパーリングなどできるレベルになってから購入することがおすすめです。

「スパーリングでクリーンヒットが当たっても、全然相手にダメージがない」

「相手にプレッシャーを与えられない」

などいろいろ課題ができてから、

教材で学習 → ジムで学習内容をトレーニング → マス・スパーなどの実践で試す

という流れが効果的です。

このボクシング上達プログラムについての記事も書きましたのでご参考ください。

 

ボクシングパーフェクトマスター(DVD付)

ボクシングジムに入会して、ジムワークと並行して自宅で読めば、理屈も分かりやすいおすすめの本です。

解説者としても活躍されている、飯田覚士さんのボクシングのトレーニング本です。

ジムも経営されていて、人に教えるのが上手な印象です。内容もシンプルで無駄がなく基本を

しっかり学べます。

2007年の出版で今でも結構売れているロングセラー商品です。

本だけなく、DVDもついているので、より理解が深まります。

ボクシング本のおすすめ【もときが良書をレビュー】

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です