ボクシングのトレーニングメニュー【パーリングの基本と重要性を解説する 】

 

ボクシングのトレーニングは攻撃重視で練習しても、防御技術がおろそかであれば強いボクサーになることはできませんね。

防御のトレーニングは、攻撃の練習以上に地味で成果が表れないため、モチベーション維持も難しいと思います。

ボクシングでは、なかなか強力なパンチ(右構えの場合は奥手の右ストレート)を当てることは難しいため、その必殺を当てるため、ジャブで距離を測ったり、相手にコツコツ当て自分のペースに持っていこうと仕掛けます。

そして、モーションも少なくリスクの少ない前手のジャブを多用するのが一般的です。

トレーナー指導でも、試合でもスパーリングでも

「ジャブを常に打ち続けろ!」

「ジャブを止めたら、いっきに攻められて終わるぞ!」

というくらいジャブを打てと言うくらいです。

 

そのジャブをもらわないための技術のパーリングをマスターしなければ、実践で相手より有利に戦うことはできないといっても過言ではありません。

 

初心者の方がマスボクシングやスパーリングでいつもガードの反応が遅れ、よくもらってしまうな。

 

「相手のジャブをうまく避けられない。ガードできない。」

 

「パーリングする手がすぐに下がってしまう」

 

「ジャブを打たれた後にパーリングしてします。つまり反応が遅れる」

 

ジャブをコツコツもらっていると、頭がボーっとしてきて、戦意も徐々に削られます。

そしてジャブを数多くもらっていると、最初はガードできていたストレートも反応できなくなってポコッともらってしまうことになりかねないです。

またパンチを出来るだけもらわないと言うことは、脳へのダメージや、外傷も少なくなるので安全に楽しめます。

この記事を読めば、ボクシングの防御技術のポイントが分かると思います。

 

ボクシングの基本技術のパーリングとは?

拳やグローブで相手のパンチを弾いたり、叩き落とすボクシング等の防御技術のことである。

相手の左右のパンチに対して、相手のパンチ、例えば、左ジャブを打ってきたら、こちらの右

手ではたき、右ストレートなら左手ではたくのが基本である。

 

このときの注意点は、はたきすぎてガードが下がりすぎて、顔面の防御ががら空きになることです。

 

パンチが怖くて思いっきりはたきがちですが、それは危険すぎます。

 

ボクシングのパーリングのポイントは?

 

5cmほど内側にはたき、その後すぐ定位置のガードポジションに戻すこと。

この定位置が大事で、相手の左フックのガード対応にもつながります。

相手が右構えであれば、当然左ジャブ、左フックを打つ数も多く、それに全部対応できるように練習しましょう。

そうしないと、そのガードがガラ空きの場所を突かれ、パンチをもらってしまいます。

パーリングのモーションが大きいなと気づいた中級者以上の選手はフェイントなども入れてきて、おもしろいほどパンチを当てられ相手ペースになってしまいます。

これも、普段のシャドーや、マスボクシングなどで丁寧に練習することをオススメします。

そうしないと、ジャブも何発も当てられると、自分のペースで動くことが出来ず、相手のやりたいことをやらせるきっかけになります。

 

練習時は攻撃ばかりの練習になりがちですが、相手のパンチに対して過剰なほど反応してしてください。

 

結構気が張ってたり、アドレナリンが出ているとジャブのガードをおろそかにしまいがちです。奥手のストレート系のパンチの威力に比べたら小さいですから。

 

しかし、それが命取りになります。後半のワンツーを見事にヒットさせてしまう確率が上がってしまいます。

僕の経験談で、ノーガード(必死になってガードせず、相手を倒すために攻撃ばかりを狙っていたためです。)でジャブを受け続け、徐々に体が言うこと聞かず、体力も削られいきました。気持的にも戦意が徐々にそがれていっている感覚もありました。痛みはアドレナリンが出まくっててなかったですが 笑

必殺の右ストレートを何度も受けボコボコにされた経験があります。

ボクシングのパーリングのトレーニングの理論と注意点

パーリングは右構えの場合は、右手を右ほほ付近の高さで、くっつかない程度に離します。

くっつけて、そのままジャブをもらうと、右手を通して脳にダメージを与えられてしまいます。

パンチがくるタイミングで、右手も反応させて、少し前に出しはたくイメージです。

逆に相手の右ストレートをはたくときは、自分の左手ではたきます。

相手のジャブより、当然右ストレートは強力なため、力強くはたく必要があります。

右ストレート強力で、タイミングをミスるともらってしまい、パーリングが怖くなる可能性があります。

正直ブロッキングのほうが安心でやりやすいですが、右ストレートもパーリングできるようになると、いい練習になります。

僕の体験談で、ガードを構える両手を高くあげる練習をしていたため、パーリングしなくても

相手のパンチをもらわないようにするスタイルでした。

しかし、上級者とやる機会になると、ボディをバンバン当てられ当然腹を守るためや、ダメージが蓄積されるとガードの両手が下がってきまして、そして顔面にもワンツーなどを当てられた経験があり、パーリングの練習もあまりしていなかったため、反応も出来なかった経験があります。

相手のパンチに対応してパーリングなどをできるということは後々避けることにもつながるため、できるように練習すると効果的です。

パーリングしているときも、ガードが出来なくて当てられてもダメージを最小減にするためアゴを引き、急所を当てられない練習もしましょう。

もし最悪パンチを食らうときは、オデコで受けるようにしましょう。イメージは、悠々白書の飛影のオデコの目のように、自分にもそそのおでこにある目でみるようにイメージすると

アゴを引くことがやりやすいです。

ボクシングの試合観ていても、パンチが避けられなく食らいそうなときは、少し重心を下げて、パンチの威力を最小限にしていると思います。

よく初心者で、パンチの恐怖から体をのけぞって(体をそらして、アゴも上げて)いる光景をよく目にします。

この体勢は非常に危険なため、逆に重心を落とし、おでこを出す練習をしましょう。

慣れるまで怖いですが、もらうダメージが段違いに違うのでその違いを理解するとやりやすいです。

何度かスパーリングの経験積むと、そのような技術も学べると思います。その基礎の部分なので、重点的に練習していきましょう。

僕はボクシングジムを始めて6ヶ月ほどでスパーリングを経験させてもらいました。

そのときは、攻撃しか考えていなかったので、相手の右ストレートをもろにくらい失明したかなと思ったくらい痛かったです。結果青タンで済んだのですが。

ヘッドギアしていてもアゴが上がっていると危険ですよ。それからガードの練習をしっかりし、今では、練習生の方からガード固いですねって言われます。

ガードの練習って地味で全然楽しくないですが、すごく大事なのが分かりました。

まとめ

一発のジャブが命取りになるという危機感を持って練習することが大切です。

 

距離を取るため、けん制目的等軽いジャブなどはダメージはないです。

 

しかしそれを無視して、攻撃にばかり走ってしまうと、どんどん相手ペースに流れが変わってしまいます。

ジャブをコツコツもらっていくと、奥手のストレートパンチのヒット率も格段に大きくなります。

 

逆に、ジャブをもらわないようにしていると、奥手のストレートパンチもガードすることは容易です。

奥手のストレートパンチは威力は大きいですが、モーションが大きいので。

ここまで読んでいただいた方は、速最短のジャブをガードするという重要性が理解できたと思います。

パーリングは練習で軽視しがちですが、シャドーボクシング、マスボクシングで当てられないですが、正確にはたけるように意識することが大切です。

ボクシング上達プログラムで最速で強くなる

ボクシングを最速で学び強くなるためには、以下の教材をお勧めします。

無駄なく、効率よくボクシングが強くなるメソッドが詰まってます。

関連記事: ボクシング上達プログラムで最速で強くなる

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です