ボクシングのトレーニングメニュー パンチは楽に打たないと威力が落ちる

ボクシングジムで気合を入れて練習に取り組めば取り組むほど力が入りすぎて、ガチガチで相手にパンチが当たっても効かない上に、こっちのスタミナも奪われていいことないけどどうしたらいいと迷っている人向けに記事を書きたいと思います。

スパーリングでパンチが当たっているのに全然相手は平気という経験はございませんか?

僕は何度も経験あります(笑)

相手打たれ強いなと思っていましたが、後々気づきましたが、僕のパンチの打ち方に問題がありました。

ムキになればなるほどパンチは効かないと言う事実を受け入れましょう。

また初心者の頃はパンチを習ったフォームを忘れ相手の顔面にヒットさせるが、押し込むことが多いと思います。興奮している自分には気づきにくいですが。

僕もボクシング始めた頃、筋肉ムキムキの一般会員さんとスパーリングする経験がありました。体格的にパンチ重そうだなっとビビッていました。

実際始まってパンチをもらうと重いことは分かりましたが、だんだん慣れてきて当たっても倒れないなと余裕が出てきた経験があります。

それはムキになりすぎてパンチを押し込んでいるため、効かないそうです。

顔面の場合は。

毎日シャドーボクシングやミットで練習しているとおりの打ったらすぐ引くフォームを

実践のスパーリングでも出来たら、また展開は変わってくると思います。

力を抜いて当たる瞬間に拳を握りインパクトを作りすぐ引くことにより、脳をゆさぶることができ、効いた場合はダメージを与えることができ、上手く行けばダウン取る事ができます。

同じような実力差であれば実際スパーリングでダウンすることは少ないと思います。

狙えば狙うほど倒れないというジレンマに陥ります。

こういうボクシングのシンプルに見えて奥が深いスポーツの魅力にとりつかれています。

力まず効かすパンチを習得するには?

この技術を習得する方法は、思いっきりパンチを打っても効かない仕組みを理解し、急所(アゴ、テンプル等)にシャドーボクシング、ミット打ち、スパーリングなりで意識し

力まず最速ではじくようなイメージでトレーニングする必要があります。

実際シャドーボクシングが練習の内で大きく効果あるので、相手をイメージしてパンチを繰り出す必要があります。

よくあるのが、ただ鏡やリングに上がってパンチ打っているだけっていう人が多いと思います。

僕も集中力が切れたり、自己満足でシャドーをしているときそういう時よくあります。

実際に相手がいて左によけられたり、打たれたときガードなど強くイメージして練習できたときは効果が高いと思います。

本当にシャドーボクシングは大切だと思います。

またジムの強い選手ももうシャドーボクシング見たら強さ分かるみたいな感じ。

シャドーボクシングの重要性の記事も書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です