ボクシングのクリンチを取り入れ、相手のペースを崩す

 

ボクシングの一般コースでトレーニングしていると、

トレーナーから

「次はクリンチを覚えましょう」

と言ってくれるジムはなかなかないと思います。

僕も2つジムの経験がありますが、

トレーナーから教えてもらったことはないです。

マスボクシングでも、なかなかプロ選手でもない限りクリンチの練習はしないですもんね。

ということで

ボクシング上手くなりたい人
ボクシングの試合でクリンチをよく見かけるけどどういう効果があるんだろう・・・自分もボクシングで使えたら、なんかメリットあるんやろな。使えるようになりたいな。

という、クリンチを使いたいけど、どうやってやればいいのかや、どういうときに使用すると効果

 

があるのかを解説します。

この記事では、クリンチの基本的理解から、クリンチのメリット、注意点、実際に使うタイミングなどを

初心者向けに解説します。

 

この僕は、普通のフィットネス会員から、プロボクシングライセンスを30歳を越えてから取得するという経歴があります。

 

 

一日の何分かはボクシングのことを考えているくらいボクシングが好きです。

 

これを一般会員さんとマスボクシング、スパーリングで使用すれば、相手もリズムを崩してやりに

くいと感じるはずです。

では、本題に行きましょう。

ボクシングにおけるクリンチとは?

ボクシングでクリンチという、選手同士が抱き合っているシーンがありますよね。

これは、なんで使っているかは分からないまま観ている人も多いと思いますね。

これには、いろいろな戦略のために使っていることがほとんどです。

 

相手の脇の下から背中にかけて両手を回したり、相手の肩に頭をのせたりして

相手のパンチを打たせないようにする方法です。

 

ボクシングのディフェンス技術の一つですが、やりすぎは試合を観ていて面白くないですし、

レフェリーから注意をされ、減点されるポイントにもなります。

ボクシングのクリンチと反則技のホールドとの違いは?

ボクシングのクリンチとよく比較されるものに、反則技のホールドです。

このホールドは、相手の頭や腕を抑え込み、固定し動けなくすることです。

距離があるのにわざとクリンチしにいく行為もダメです。

 

ボクシングのクリンチを使うメリットは?

クリンチで相手のリズム・ペースを崩す

相手がリズムよく、連打を打ったりしていて、有利に試合を運ぼうとし始めたタイミングなどに

使用すると効果的です。

相手の連打を、クリンチすることにより攻撃を遮断することができます。

 

これは、相手に取っても、せっかくリズムが乗ってきているに、攻撃を止められるということは

メンタル的にも悪い影響を与えることができ、クリンチの有効なテクニックの一つです。

クリンチでピンチのときに一息つく

激闘であった、井上尚弥 VS ノニトドネア戦で、井上尚弥がドネアのパンチで効かされた時などの、ピンチを逃れるために、クリンチでしのいだりします。

このまま、相手の距離で連打を受けると、不利で負けてします場合でも、クリンチで一息ついたり、ラウンド終了まで持ちこたえりするシーンで使ったりします。

接近戦が得意なファイター系も戦略でクリンチを使う

 

接近戦が得意なファイター系や、相手よりリーチがない選手などの場合は、相手との距離を詰めな

 

いとパンチは当たらないです。ですので、距離を一気に詰め、パンチを打ち、クリンチになる

シーンがよくあります。

逆にアウトボクサーなどは、相手との距離を保ちたいのが一般的です。

けれど、相手の戦略で距離を、上手く詰められ、相手の得意な距離での打ち合いなど、分が悪い

 

場合などに、あえてクリンチをして、レフェリーがブレイクするまで待つという戦略を取るやり方

もあります。

ボクシングのクリンチのやり方は?

基本的に、相手は攻めてきたときに、かわしながら相手に抱きつく方法です。

 

ここで中途半端な距離や力で抱きついていくと、相手とのスキマからボディ、フック系のパンチが飛んでくることになります。

 

そうさせないためにも、スキマを作らないようにしっかり抱きつきましょう。

頭も相手の肩にしっかり乗せます。

 

決して負けそうだからといって、相手の耳を噛むことはやめましょう。

ボクシングのクリンチの離れ際の追撃に注意

 

レフェリーがブレイクしたときは、パンチしてはいけないですが。

 

自然の流れで両者がクリンチから離れるときに、ホッとして気を抜くことはやめましょう。

 

ここがチャンスで狙ってくる選手もいます。

 

また気を抜いたときのパンチは効きますから。逆に当てにいく気持ちでタイミングを見計らいましょう。

ボクシングのクリンチの多用には注意

ボクシングのクリンチは戦略的な方法であることを解説しましたが、

多用すると

・試合が膠着してつまらない

・レフェリーから注意

を受けることになります。

そうならないためにも多用はやめましょう。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です