ボクシングのトレーニングメニュー基本の流れ【積み重ねで強くなる】

たけし
ボクシングで強くなりたいのですが、具体的にどうすればいいですか?強くなる方法を教えてください

ボクシング初心者が、早く上達するために何を重点的に練習すればいいかについて紹介。やはり初心者のうちは、ミット、サンドバックをがむしゃらに打つのではなく、シャドーボクシングで、自分のフォームの確認、修正が最優先ということを説明する記事です。

ボクシングの試合で観るプロボクサー、ジムにいる一般でも上級者会員は、シャドーボクシングの動きでももう上手いと分かるくらい違いがあると感じたりするものですね。

そのような人のように、自分もうまくなりたいけどなかなか成果がでないな。

鏡の前でシャドーボクシングし、フォームの練習をトレーナーに見てもらって直しているが、

言われたことだけやっても、一つ修正ポイントを意識して練習すると、他のフォームで悪いところがでてきて、正しいフォームを習得することは難しいなと感じると思います。

このようなボクシング初心者の悩みを解決できればと思いこの記事を書きました。

解決策は、パンチの理屈を頭に入れ、指導を受けた点をメモを見ながらフォームの確認練習することが上達への最短ルートだと考えています。

またやはり、基本技術を見てくれるトレーナーや、上級レベル会員に定期的にフォームを見てもらうことが必須となります。

ボクシング初心者は、フォームよりパンチ力(手打ち。体全身の力ではない。)で思いっきり打って、くたくたになって、それが練習した気になるが、それは間違い。

基本フォームを習得するという目的で、力も入れずに行うほうがいいですね。

また、ただ動いて打つだけということもやりがちなので、常に自分の動きに意識を向け、フォームの確認をすることで、上達のスピードが速くなる。

 

ボクシングで強くなるためには基本フォームの打ち方理論を頭に入れる

ボクシング初心者は、ジムに入会してフォームの打ち方の教えてもらいます。

やはり、いきなりやってうまく打てる人はいないです。

だいたい腰が入っていなくて、肩にも力が入りすぎてガチガチで、打っている手の反対側のガードはがら空き(打っているパンチに集中しすぎて)や力も入りすぎでばててします。

など、同じようなフォームの打ち方になりがちです。

悪い点をトレーナーから指導をされて、それを真面目に聞いてフォームを修正しようとしても

なかなかうまくできなくて、その一点だけ集中しすぎて、もぐら叩きのように他の悪いところが頭をだして、難しく感じると思います。

そうならないようにするためは、僕の考えですが、ボクシングの基本フォームを頭に入れます。

ちょっと一例をあげてみますね。

(例 ジャブの場合)

基本姿勢をとる

すぐに攻撃、防御に移れるように体のリズムを刻む(体重移動の重心も6:4、4:6など前後にかかっているか意識。7:3とか重心を移動しすぎると、バランスが悪く他の動作にすぐ動きずらい)

ジャブを当てようと動作に移る。

重心 右足:6 左足:4のタイミングで、体重移動する(右足:4 左足:6へ)

その体重移動の力を利用し、

足 → 腰 → 肩 → 肘 → 拳 へ伝える

(このとき、体全体の回転力、スピードも利用し、威力が倍増に)

このときに体に力が入りすぎていると、足から拳への伝わるパワーが死んでしまい、

威力が半減するという理屈です。

このような、相手に最短、最速、威力のあるパンチを打つために技術理論を、まずは頭に入れることが大切だと思っています。

この大枠を理解することで、トレーナーから言われた指導で、ただ単に言われたことを直すのではなく

・腰が回っていないぞ!・・・・・回転力、足の力を活かせてないんだな。

・脇が空いてるぞ!・・・・・・肩まで伝えた力が外に逃げているんだな

・手打ちだぞ!  ・・・・・・ただ単に腕の力で打ってしまってるな

とか、パンチ技術のどういう点がだめなのか、全体から考えて練習することができると

思います。

僕も入門したときは、運動おんちでボクシング上達するまで時間がかかったほうです。

ボクシング初心者の頃は、パンチをいかに早く、強く打てばいいと思い練習していましたが、

早く、強く打とうと思えば思うほど、正しいフォームとは程遠くなり、手打ちでストレートというよりはフック系に近いパンチになりがちでした。

ケンカの場合を例にとると、フック系にパンチばっかりでストレートパンチを打てる人はいないと思います。

フック系のパンチは人間の動物的な本能でそうなるとのことと聞いたことがあります。

そのため、初心者でスパーリングを行った場合近距離でフック系の打ち合いになることが多いです。

ジムで習ったことはほとんど試すことはできず、お互い当たっても手打ちのためあまり効かず

3分2Rの実践形式のスパーリングが終わります。

それはそれでよい経験になることは間違いないです。

またマスボクシングはある程度経験しても、スパーリングを初めて経験すると全然別物で難しいなと感じます。

そういう経験を積み次は習ったことを出せるように練習し、また実践形式で試すということでボクシング技術が徐々に向上していきます。

ボクシングで指摘を受けたポイントメモの大きな可能性

ボクシングを真剣に上手くなろうとがんばっても努力に比例して上達することはないと思います。

ボクシングで強くなるためには指導を受けた点のメモポケットに入れて、シャドー時に確認すると効果的です。

がむしゃらに練習しても努力の方向を間違えると無駄になるので方向性を見直さないと遠回りになると、自分の経験からもそう感じます。

例えば、3分間サンドバック連打等。プロの選手でスタミナやパンチ力を上げるためにトレーニングの一環でやっている人は多いですが、初心者でまだフォームも習得していないのにその練習をすることは遠回りになります。

後々に上達してから行いましょう。

話はそれましたが、正直トレーナーから指導を受けても日を空けると忘れてしまうことが多いと思います。

プロ選手志望で毎日練習している人は別ですが、一般会員ですと週1~2回の人が多いです。

そうすると、練習の日は真剣にしていても、やはり上達はしにくいです。

僕の教えている人は、週一会員で、毎回同じフォームの悪いところが治らない人も多いです。

やはり忘れてしまいますよね。

そのためには、悪い点をメモって置くことをお勧めします。

トレーナーから指導を受けた悪い点メモ
1.肩に力が入りすぎ 7.相手のラッシュ時足が止まっている
2.脇が空いている 8.腰が回っていない。手打ち
3.アゴが上がっている 9.ガード時のけぞっていて危ない
4.打つときにガードの手が下がる 10.パンチを打つリズムが一定
5.ガードしているとき目をつぶっている 11.左ボディ時右ガードががら空き
6.パンチを相手の近くで打ちすぎている 12.パンチ打つとき拳をにぎっていない

 

上記は指導されたほんの一例です。

このようにメモに書くだけでたくさんのことを意識する必要があるので、頭のなかで思い出しながら練習することはできないですよね。

これを、意識しながら練習し、体にしみ込ませると自然とできるようになります。

それまでは、計画→実行→評価→改善(PDCAサイクル)みたいな感じで繰り返し

する必要があります。

ボクシングで強くなるためには【まとめ】

ボクシング初心者は正しいフォームを習得することだけに力を入れることが上達への最短ルートだとこの記事で紹介してきました。

パンチの理論(基本的な流れ)とフォームの習得で意識するところがたくさんありすぎて忘れるので、メモに残しておき、練習時に見ながらシャドーなどでフォームの確認することが効果的であると思います。

トレーナーからフックをほめられたりしたら、テンションが上がって僕の必殺技はフックなどとその精度をより上げようと得意分野を伸ばそうとすると、また上達ルートからはそれてしまいます。(僕の経験談です 笑)

やはり得意なものより、苦手なことを練習することは泥臭くて楽しくないですが、それを徹底的に練習し成果がでたときに大きな喜びに変わるときです。自分の成長を感じられる瞬間ですね。

ほんとボクシングってテレビでの試合では華麗に見えますが、日ごろの練習は泥臭く行っています。

この記事で紹介したポイントを意識して練習すれば、脱初心者への道へ最短でいけると思っています。

この記事がお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です